フロントガラスの割れ

ガラスが割れたiPhone

これは私も経験したものですが、iPhoneのフロントガラスが割れる場合があります。

原因は落下によるケースが一番多いかと思いますが、場合によってはポケットに入れたまま座ってしまい、強く圧力がかかり、フロントガラスが割れるという場合もあります。

見ての通り私もガラスを割ったのですが、私の場合は最初はスジが何本か入っており、軽く割れた程度で大丈夫だろうと思っていました。

フロントパネル割れのみの場合、中の液晶は無事なため、通常どうり普通に動きますし、電話も出来ればメールも使えます。だから最初は次のiPhoneが出るまで待っていればいいやと甘く見ていました。

フィルムを貼っている場合、なんとか耐える

これも私の場合ですが、iPhoneに液晶保護フィルムを貼っている方も多いと思います。フィルムで覆われているため、割れても破片が飛び散らず、まあなんとか耐えることは可能です。写真の私のiPhoneはフィルムを貼っていたためなんとか耐えたといって良いでしょう。

もしそういったものを貼っておらず、ひび割れた場合は応急処置としてセロハンテープなりなんなりをぐるぐると貼っておくととりあえずの応急処置はできます。

ほっておくとどんどんガラスが粉々になっていく

ところがそうはうまく行かないのが世の中というものです。そのまま使っていたら、どんどんとガラスが粉々になっていってヒビが増えて行きました。最終写真の状態になったところでさすがにカッコも悪く、見難いと思いiPhoneを修理しました。使えると思っていても、指でタッチするたびに圧力がかかるので、ほっておくと危険です。

液晶パネルまで割れるケースも

上から力を加えて圧力が強かった場合などにガラスの下の液晶パネルが割れてしまう場合もあります。こういった場合も修理が可能ですので、お早めに修理することをおすすめします。

iPhoneの修理で最も多い

フロントガラスの割れはiPhoneの修理の中でも最も多いと聞きました。スマートフォン全般に言えることですが、普通の携帯電話と違い、タッチパネル方式を採用しているため、衝撃に弱く、それゆえに誤って落下した場合は高確率でガラスが割れます。

ただ修理自体は非常に簡単なようなので、さっさとiPhoneの修理業者に出して直してもらうのが良いでしょう。強者なら自分で直すこともできるようですが、それはおすすめしません。

このページの先頭へ